さいたま市大宮区の動物病院です。ワクチン、フィラリア、狂犬病の他、椎間板ヘルニア、心臓病、がん、皮膚病、手術に力を入れています。

おおた動物病院のバナー

HOME | 膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨内方脱臼

膝蓋骨(しつがいこつ)とは、膝(ひざ)のお皿の正式名称です。
本来であれば、大腿骨の滑車溝(かっしゃこう)という溝(みぞ)にしっかりと収まっています。
その膝のお皿(膝蓋骨)が外れやすく、内側に外れると膝蓋骨内方脱臼と言い、外側だと膝蓋骨外方脱臼と言います。

膝蓋骨内包脱臼のレントゲン
 
膝蓋骨内方脱臼の拡大画像

 
【原因】
生まれつきの要因(先天性)と転落や交通事故、外傷などの要因(後天性)に分類されます。
先天性では、大腿骨の滑車溝が浅いなどの異常、内側広筋や靭帯の異常など膝関節の構造上の異常が認められます。
 
【よく遭遇する犬種】
トイプードル、チワワ、ポメラニアン、シーズー、パピオン、マルチーズ、ヨークシャテリア、ビーグル、柴犬、日本スピッツ、ミニチュアダックスフンド、カニンヘンダックスフンド、パグ、キャバリアキングチャールズスパニエル、イタリアングレイハンド、ウェルシュコーギー、ミニチュアシュナウザー、ボストンテリア、ジャックラッセルテリア、アメリカンコッカースパニエル、狆など。
その他に、秋田犬、ラブラドールレトリーバーの大型犬の経験もあります。
 
【症状】
軽度の場合は、通常通りの歩様で見た目ではほとんどわからない状態の場合もあります。
特に小さい頃から、習慣的に脱臼している場合は、痛みをあまり伴わないこともあります。
ただし、寝起き、立ち上がり時に肢を伸ばす、スキップするように歩くなどがみられます。重症になると足を上げてしまい、足をつかないようになることもあります。
 
【重症度】
1.普段は膝蓋骨が滑車溝に入っているが、手で押すと外れる状態。
2.自然に脱臼するが、手で簡単に戻せる。もしくは自然に戻る状態。
3.常に膝蓋骨が外れているが、手で元の位置に戻すことができる。ただし、すぐに外れた状態になる。
4.常に外れている状態で、手で押しても元の位置に戻すことができない状態。
 
【治療】
軽度のものであれば、しばらく安静にして落ち着くことがあります。
ただし、繰り返し膝蓋骨が外れることを繰り返す、痛くて足がつけない場合には手術が必要です。
 
【予防】
・肉球が毛で覆われていると滑りやすくなります。こまめに肉球まわりの毛をカットしましょう。
・肛門腺が貯まると、ぐるぐる回り、膝に負担がかかることがあります。
定期的に肛門腺が貯まっていないかチェックしましょう。
・ボールやフリスビーでの遊びは予期せぬ動きで、足を捻ることがあります。
十分に注意して遊ぶ、またはボールやフリスビーでの遊びは控えましょう。
・若い時期に予防的手術を行うことも推奨されています。